ハイモジモジ松岡

こんにちは、ハイモジモジの松岡です。突然ですが、私たちの自己紹介をさせてください。

私たちは、夫婦ふたりで結成したデザイン・ユニットです。ライターの松岡厚志がプロデュースを、グラフィックデザイナーの松田綾子がデザインを担当しています。

Portrait
Produce:Atsushi Matsuoka / Design:Ayako Matsuda


結成は2010年。東京は国立市にあった自宅の一室から生まれました。

国立の自宅

現在の拠点は東京・吉祥寺。井の頭公園にほど近い閑静なエリアを拠点に、子供1人、猫1匹と暮らしつつ、日常生活で感じるひらめきを大切にしています。

井の頭公園
▲ 井の頭公園のそばにオフィスがあります



紙モノの文具を企画することが多いのですが、ほかにも帽子を収納したくて専用ボックスを作ったり、飼い猫を遊ばせたくて猫じゃらしを作ったり、子供ができたらベビーTシャツを作ったり。基本的には自分たちが欲しいもの、使いたいものをプロダクトに落としこんでいます。

看板猫のニーポン
▲ 看板猫の名前はニーポン



私たちは、さまざまなプロダクトを自発的に(ときにクライアントから依頼を受けて)発信していますが、文具の部類に入る商品が少なくないことから、最近は「ベンチャー文具メーカー」と呼ばれることもあります。

THE SENKEN

そんな私たちはモノづくりにおいて、「Kneepon from Nippon!」という考え方を大切にしています。

「Kneepon」というのは私たちがつくった造語で「ニーポン」と読みます。日本人は「なるほど」と感心したり合点がいくとき、膝を打つという表現をしますが、膝(Knee)をポン(pon)と打つような、オチのあるモノづくりを心がけているのです。

たとえば私たちの代表作である、パソコンのキーボードに立てる伝言メモ。

Deng On

デスクに置いた伝言メモが書類の下敷きになってしまったり、モニターに貼った付箋が剥がれてしまったりして、うまく伝言が伝わらないケースがありますが、キーボードの上という「穴場」を発見し、キーのすき間を利用して「メモを立てて目立たせる」という方法を考えつきました。

ただ目立つだけでなく、立っているメモを外してからでないと相手は仕事を再開できないため、「伝言が確実に伝わる」という効果があります。

Penguin

また、キーのすき間に差し込む土台部分にもメモを書けるため、「隠しメッセージ」を忍ばせることができます。

こうした2段活用によって、単なる伝言メモから、社内恋愛を促進するような「コミュニケーションツール」にもなるわけです。これが私たちの考える「ニーポン」です。

Rabbit

商品名は「Deng On(デングオン)」といいますが、キーボードにONする感じをイメージしてもらいたかったのと、「Deng On」→「Dengon」→「でんごん(=伝言)」という意味を込めています。

一度聞いたら忘れられない「なるほど」を、商品のネーミングでも意識しています。

Package

この「Deng On」は、2012年度グッドデザイン賞を受賞しました。

受賞にあたっては、

『キーボードのスキ間に挟んで使う伝言メモ』」という使用シーンが明確化されているコンセプトが評価できる。動物たちや柵、樹木など多彩な色やかたちがあるため、殺風景になりがちなキーボードの周辺環境を牧場のような楽しいジオラマに彩ることができる」

という評価をいただきました。

GOOD DESIGN AWARD 2012 受賞ページはこちら
「Deng On」の詳細はこちら


「Deng On」をはじめとする私たちの商品は本サイトのほか、全国の文具店さん、雑貨店さんでお求めいただけます。ぜひ手にとって、私たちの「ニーポン」を感じとってくださいね。

SHOP



クライアントワークも行っています。

クライアントの依頼を受けてデザインを提供したり、一緒になって商品開発に取り組んだりもしています。

たとえば株式会社共生社様と共同開発した「TAGGED」シリーズは2016年度グッドデザイン賞を受賞しました。

2016年度グッドデザイン賞受賞
受賞祝賀会のレポートはこちら
「TAGGED MEMO PAD」の詳細はこちら



最近、売り出し中の自社発プロダクトは「WORKERS'BOX」です。

プロジェクトをいくつも抱えすぎて、というよりお片づけが苦手な性分の弊社デザイナー松田が「自分でも書類が片づけられるボックスを作ろう」と開発しました。

世の中の「デスクを片づけたいけど片づかない」方々に届けるべく、日々奮闘しています。

WORKERS'BOX 「WORKERS'BOX」の詳細はこちら


まだまだ微力な私たちですが、ぜひ応援してくださいね。



by HI MOJIMOJI

これまでの活動履歴はこちら >>

私たちの近況を、次の4つの手段でお知らせしています。ぜひご登録ください。

Twitter

Twitter

最新の活動情報を
松岡がお伝えします。

Facebook

Facebook

不定期のトピックスを
画像つきでお伝えします。

Instagram

Instagram

松田がデザイナー目線で
発信しています。

Mail Magazine

Mail Magazine

月に1回程度、
メールをお届けします。

tweet


WORKERS'BOX公式サイト

WORKERS'BOX公式サイト

ブランドサイトをオープンしました。「WORKERS'BOX」に関するすべての情報がここに集約されています。ご購入もこちらからどうぞ。
【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS'BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
ハイモジモジ公式note

ハイモジモジ公式note

noteを開設しました。新商品ができ上がっていく過程をお伝えしていきます。

HOME