ハイモジモジ松岡

ハイモジモジの松岡です。

いつか商品化するかもしれないけれど、その可能性は今のところ低め。コストが見合わなかったり、時機を逃していたり、完成形が見えていなかったり。そんなPRODUCTになる前のアイデア「PRE-DUCT」を発表していくシリーズ。

第3回は「Belt 90」です。


PRE-DUCT 003 Belt 90


ベルトはコーディネートに欠かせない、大切なアイテムのひとつ。カラーや素材、細さの違いで印象がガラリと変わります。

だから私たちは、色んなシーンに合わせられるよう、テイストの異なるベルトを複数持っています。中には一度も陽の目を浴びないまま、いつか活躍する日を夢見て、クローゼットに眠っているものもあるかもしれません。

なんてもったいない!

そこで私たちは、ベルトに「もう一つのステージ」を与えてあげたいと考えました。ウェストを締めるだけではない、ベルトが主役になれる場所。出した答えは「手持ちのベルトをハンドバッグのハンドルにする」というものでした。




世の中にはさまざまなベルトがあります。

カラーが豊富で、細いものもあれば太いものもあり、光沢が美しいエナメル加工のものなど、質感もいろいろ。世界中を探せば、無限大に存在すると言えるでしょう。

何よりベルトは、主に革でできていて丈夫です。ウェストをきゅっと締め、その力に耐えられる素材です。

そんな「オシャレ」で「強い」ベルトだからこそ、日常的に使うハンドバッグのハンドルとして活用できるのではないかと考えたんですね。




ベルトを「バッグのハンドル」にするにあたって、特別に加工することはありません。

ただ「向き」を変えるだけです。普段はウェストを締めるベルトの向きを垂直方向に90度回転させるだけで、新しいハンドバッグのハンドルが誕生します。

つまり、新たにベルトを買うことなく、すでにクローゼットにあるものを有効活用できるということ。

思い思いのカスタムによってスタイルを変えられるバッグを私たちは目指しました。


ベルトを90度回転させるコペルニクス転回



ベルトを変えることでスタイルの異なるバッグに











たとえば朝、会社に出勤する際はゴージャズなベルトをバッグに通して、ハンドバッグとして持ち歩く。仕事が終わればハンドルを外して、本来のベルトとして装いにゴージャス感をプラス。

そしてハンドルを外したバッグはそのままクラッチバッグに変身、なんて使い方ができます。




このように、いま手元にあるベルトを有効活用し、さまざまな表情に変化させられるバッグを「Belt 90」と名づけました。


バッグのタグに付けるロゴ



と、ここまで作り込んでおきながら、なぜ製品化されなかったのか。実はこれ、とあるクラウドファンディングのサイト(現在は消滅)に出品したプロジェクトだったんです。

しかし結果は不成立。

「結構、面白いアイデアだと思ったんだけどなあ」と首を傾げつつ、なぜ投資(=購入)に至らなかったのか、サイト上でアンケートを取ったことがあります。

たとえばこんな意見をいただきました。

「ベルトを持っていないことと、素材の感じが最初のと違う気がしたことと、手続きの苦労とそれが実現するのかを天秤にかけたこと、で購入に至りませんでした」

「ベルトってその人に合わせてひずみますよね。それをバッグにしてかっこ良く持てるの?というのも疑問でした」

「パッと見て、どういうものかよく分からなかったにつきますね」

「そもそもコンセプトがよく分からなかった」という意見が結構ありました。自分のベルトを流用する、というメリットと楽しさが上手く伝わらなかったのかもしれません。

企画当初に作成していたこっちの概念図を紹介した方が分かりやすかったかなあ。




ちなみにこんな意見もありました。

「CAMPFIREなどの有名なクラウドファウンディングなら、もっと金額が集まった気がします」

「欲しかったです。残念でしたが、新しい作品にこれからも期待しています」

アンケートを取ってよかったなと思いましたね。

チャレンジがサクセスしなければアイデア自体を全否定されたような気持ちになりますが、ちゃんと支持してくださる方もいらっしゃった。この事実だけで勇気が持てます。




この「Belt 90」を出品したのは2013年だったのですが、当時はまだクラウドファンディングが浸透し始めたばかりのころで、システムがよく分からず、参加するのに躊躇したという意見も多数ありました。

すっかり一般化した今なら、また反応は違ってきますかねえ。

などと妄想しつつ、後ろは振り返らず、また新たなアイデアを求めて邁進するハイモジモジなのでした。


(第4回につづく)


2018.11.15 by Atsushi Matsuoka



PRE-DUCT

いつか商品化するかもしれないけれど、その可能性は今のところ低め。そんなPRODUCTになる前のアイデア「PRE-DUCT」を発表していくシリーズです。



Topics


















僕たちはこれからどう食っていくか会議

僕たちはこれからどう食っていくか会議

TALK
アイドントノウ、オールユアーズ、そしてハイモジモジ。時を同じくして「これまでにないモノの売れ方」をした3つのグループが「これからどう食っていくか」をじっくり話し合いました。












【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS' BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
#WORKERS'BOX


1 | 2 | 次へ
tweet


【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS'BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
最短2日後の出荷が可能になりました

最短2日後に発送します

送料無料、組み立て時間ゼロ!「WORKERS'BOX」をあらかじめ組み立ててお届けします。
WORKERS'BOX MINI

WORKERS'BOX MINI

WORKERS'BOXのかわいいミニチュア版。名刺やクリップ、付箋や輪ゴム、小さいものなら何でも収納できます。

HOME