- 本企画は終了しました -

ハイモジモジ松岡

こんにちは、ハイモジモジの松岡です。

このたび、雑誌「モノ・マガジン」との誌面連動企画がスタートしました。





くびれた形で握りやすく、雨に濡れてもやぶれないアウトドア仕様のタフなメモ「TAGGED LIFE GEAR」が「モノ・マガジン」の審美眼に適い、誌面で特長を紹介していただいたのですが、それと同時に同誌公式セレクトショップ「mono shop」でのお取扱いも始まったのです。

世の中に生まれたあらゆるモノを隔週で紹介、解説し続ける「モノ・マガジン」にあって、中でも選りすぐりの稀少なコレクターズグッズを自ら販売するというハンパない説得力のあるサイトに選ばれた、というのは大変名誉なこと。個人的にもとてもうれしい出来事です。

ちなみに今回の取り組みに至ったきっかけは、「モノ・マガジン」主催のイベントに出店したこと。この場で出品していた「TAGGED LIFE GEAR」が担当者の目に留まり、「うちで取り扱いたいです」「ぜひに」という流れに転がったわけです。





そうそう、このイベントでは「mono shop」もリアル店舗として出店されていたのですが、逆にこちらが出会ったのがこれ。




ミリメシとは、いつでもどこでも食べられて、長期保存が可能な軍隊食。「mono shop」が販売しているそれは、スプーンやナプキンもついてくるオールインワンの究極なレスキューフーズなのです。




で、さっそくカレーライスをつくってみました。














阪神大震災で得た「非常食が美味しくない」「温めるものがない」という教訓から開発されたという、このミリメシ。お世辞じゃなく、ほんとに美味しかったです。被災時にこれを食べられたら、うれしくて泣いてしまいそうです。

と、話がすこし脱線しましたが、2016年12月2日発売の「モノ・マガジン 12月16日号」で「TAGGED LIFE GEAR」が紹介されていますので、ぜひご覧になってください。

そうそう、同じ号の別の特集で、ギフトラッピングに活用できるタグ「TAGGED GIFT TIE」も紹介されています。こちらもあわせて、誌面で探してみてくださいね。



「mono shop」の特集ページはこちら >>



2016.12.3 by Atsushi Matsuoka


Topics




















僕たちはこれからどう食っていくか会議

僕たちはこれからどう食っていくか会議

TALK
アイドントノウ、オールユアーズ、そしてハイモジモジ。時を同じくして「これまでにないモノの売れ方」をした3つのグループが「これからどう食っていくか」をじっくり話し合いました。












【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS' BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
#WORKERS'BOX


1 | 2 | 次へ
tweet


WORKERS'BOX公式サイト

WORKERS'BOX公式サイト

ブランドサイトをオープンしました。「WORKERS'BOX」に関するすべての情報がここに集約されています。ご購入もこちらからどうぞ。
【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS'BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
ハイモジモジ公式note

ハイモジモジ公式note

noteを開設しました。新商品ができ上がっていく過程をお伝えしていきます。

HOME