ハイモジモジ松岡

こんにちは、ハイモジモジの松岡です。

突然ですが、みなさんは自分のスケジュールをアナログで管理する派ですか? それともデジタル派ですか?

僕はデジタルに移行しかけて、アナログに回帰した「出戻りタイプ」です。業務のほとんどはデジタルで完結できるものばかりですから、スケジュール管理についても完全デジタル化をめざしてしばらく試験導入していたのですが、どうもしっくりきませんでした。

一番の理由は、キーボードで入力すると予定を書き込んだ気がしないこと。メールを書いたり、原稿を書いたり、メモをとったりするときはすべてキーボードを利用しているにも関わらず、なぜかスケジュール管理については入力した記憶が残らず、頭の中に予定が刻印される感じがしないんです。




もちろん書いた予定そのものはスケジュール管理のサービスやアプリに記録されるわけですから記憶しておく必要はないのです。ですが、なぜかこの「書いた」という記憶がないと不安になるんですよね。

浦沢直樹の作品『MONSTER』に出てくるルンゲ警部というのが抜群の記憶力の持ち主で、指先でキーボードを打つ仕草をすることで事件にまつわる情報を完全インプットし、いつでもデータを頭から取り出せるキレ者なのですが、彼の場合は(架空の)キーボードを打つことで記憶力を増強させるんです。

僕の場合は、ペンです。ペンで物理的に紙に書くことで「予定を書いた」という記憶を頭に植えつけるタイプの人間なのです。デジタル移行おためし期間中に、改めて自覚することになりました。

いや、単純にオールドタイプなのかもしれませんが、いやいや仕事は全部パソコンを使うデジタル派ですし、紙に何かを書く機会は普段ほとんどないですし。不思議なものです。




前置きが長くなりました。

ここにハイモジモジがデザインした「TAGGED 7 CUT MEMO」というアイテムがあります。ミシン目で切り離して7分割できる、横に細長いブロックメモです。



個人的にはタスク管理に利用しているのですが、他にも7つに分割できる利点を活かして、スケジュール管理に利用する手もあるんです。むしろ7分割の特長を活かすなら、こちらの方が向いてるかも。



メモできるスペースが7つあるということで、月曜日から日曜日までの日にちを記入していくのですが、そこで「あったらいいな」と思ったのが、参照できるカレンダー。

欲しいので、実際に作っちゃいました。



こんな感じで「TAGGED 7 CUT MEMO」の細長サイズに合わせてあるので、使わないときは製品の下に重ねておけます。ひとまわり小さいので、紙の間にはさんで隠しておいても良いでしょう。



と、自分たちのために作ってみたのですが、やっぱり便利なので、みなさんにも提供させていただくことにしました。

どなたでも無料でPDFデータをダウンロードできますので、プリンターで出力して、ハサミやカッターでカットして使ってくださいね。



細長カレンダー(2017年版)のダウンロードはこちら



もちろん「TAGGED 7 CUT MEMO」を持っていない方でも、カレンダー単体で利用していただいて結構です。

でも、もしこれを機に使いはじめてくださったら、中の人、というか僕が喜びます。
 
みなさんもスケジュール管理をちゃんとして、すっぽかしやダブルブッキングのない平穏な日々を送りましょう!



2016.12.26 by Atsushi Matsuoka



LINE UP







TOPICS



TAGGED Series



Original Product


tweet


【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS'BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
最短2日後の出荷が可能になりました

最短2日後に発送します

送料無料、組み立て時間ゼロ!「WORKERS'BOX」をあらかじめ組み立ててお届けします。
WORKERS'BOX MINI

WORKERS'BOX MINI

WORKERS'BOXのかわいいミニチュア版。名刺やクリップ、付箋や輪ゴム、小さいものなら何でも収納できます。

HOME