- 閉幕しました -
ハイモジモジ松岡

こんにちは、ハイモジモジの松岡です。

手紙社さん主催の大盛況イベント「紙博」が「布博」と史上初のコラボを実現!「紙博&布博」と題して、京都で開催されます!

紙博にはハイモジモジも過去3度(2018年の東京、京都、福岡)参加させていただきましたが、今回もみなさんの前に登場できる運びとなりました。


View this post on Instagram

紙博 in 京都、無事に初日が終わりました。 外はとんでもない熱波だったけど、会場は人、人、人で、別の意味で熱かったです。ハイモジモジのブースにもたくさんの方が立ち寄ってくださいました。 明日は2日目、最終日。ぜひ遊びにいらしてくださいね。 #紙博 #紙博in京都 #workersbox #ワーカーズボックス #himojimoji #ワーカーズボックス

HI MOJIMOJIさん(@himojimoji)がシェアした投稿 -


▲ 2018年の京都開催の様子


さて、今回の京都開催は会場が変更になります。布博との共同開催ということで、より大きなフロアの「国立京都国際会館」での開催となります。楽しみですねえ。
今回、ハイモジモジのブースは過去に比べて広め。大人気の「WORKERS'BOX」シリーズを「どーん!」とご用意するほか、いつも紙博の会場でほぼ完売する「Memooch」「TAGGED」シリーズなども、ずらずらーっと並べます。


WORKERS'BOX

WORKERS'BOX



Memooch

Memooch



TAGGED MEMO PAD

TAGGED MEMO PAD



「まあでも、わざわざ足を運ばなくてもネットで買えるしね」

そう思われた、そこのあなた。2日限りの特別なイベントですから、もちろん「来場メリット」があります。



(1)実物に触れられる

やはり「紙博」ですから、紙に飢えた紙好きのみなさんに、その質感を心ゆくまで味わい倒していただきたいです。


(2)自宅配送もOK

「WORKERS'BOX」は他のブースの商品に比べて少々大ぶりです。ですので、その場では注文だけしていただいて、後日配送することも可能です。

※2/27以降に随時発送します
※ハイモジモジの商品以外は配送できません


(3)10点以上で送料無料

もしも配送をご希望の場合は「10点以上で送料無料」とさせていただきます。オンラインでお求めの場合は5,900円以上で送料無料になるのですが、たとえば「WORKERS'BOX」は1冊399円ですから、10冊お求めでオンラインよりもおトクに手に入れられます。


というわけで、まとめます。





さらに、こんなサービスを2日限定で行います。



「WORKERS'BOX」を

5冊以上お買い上げで

「STAND」1点プレゼント!

前回も実施して大好評だったのですが、正直、採算度外視です。おひとりでも多くの方に「WORKERS'BOX」を使っていただきたいという思いを込めて、特別にプレゼントさせていただきます。

※組立前の状態でお届けします。お客様ご自身で組み立てていただきます。



ちなみに余談ですが、開催初日にあたる2/23(土)の夜7時から、TBS系列「ジョブチューン」という番組に出演します。

文具メーカー同士がお互いに「他社製品を褒め合う」という斬新すぎる企画です。2日目の日曜日にお越しの方は、ぜひ番組をご覧いただいてから「ウケてましたね~」「だいぶカットされましたね~」と冷やかしにきてくださいね。



それでは当日、会場でお待ちしています。土曜と日曜、2日間ありますので、ご都合のいい日にぜひいらしてくださいね。

ハイモジモジのブースに限らず、日本中から集まったありとあらゆる「紙と布」を眺めるだけでも、とっても楽しいですよ!



会期 2019.2.23 sat - 2.24 sun
時間 sat 10:00 - 17:00
sun 10:00 - 16:00
場所 国立京都国際会館
〒606-0001
京都市左京区岩倉大鷺町422
入場 800円(小学生以下無料)
URL 「紙博&布博」公式サイト

▲会場マップ(ハイモジモジはNo.20)
tweet


WORKERS'BOX公式サイト

WORKERS'BOX公式サイト

ブランドサイトをオープンしました。「WORKERS'BOX」に関するすべての情報がここに集約されています。ご購入もこちらからどうぞ。
【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS'BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
ハイモジモジ公式note

ハイモジモジ公式note

noteを開設しました。新商品ができ上がっていく過程をお伝えしていきます。

HOME