モノって、なぜ散らかるんでしょうね。モノって、なぜ片づかないんでしょうね。

ときめくか、ときめかないかで「捨てる」「残す」を区分けできる私物と違って、お仕事の書類や小物は捨てたくても捨てられず、上手く付き合っていくしかありません。整理整頓が苦手なみなさん、どうされてますか。職場で煙たがられていませんか。

9月に新商品をリリースします。誰でもデスクが片づき、仕事に集中できるワークツール「WORKERS' BOX」です。

そこでハイモジモジの松岡と松田が「なぜそれをつくったのか」を連載形式で語り明かしていきます。ほんと、この商品をつくるまではわたしたちも「お片づけ問題」が切実だったのです。


【第1回】なぜモノは片づかないのか
【第2回】だからボックスをつくった
【第3回】自分自身が欲しかったから
【第4回】開いて閉じて、しまうだけ
【第5回】なぜ紙製にこだわったのか
【第6回】そして片づけが楽しくなった(了)

開いて閉じて、しまうだけ



ハイモジモジ松岡 松岡です。


ハイモジモジ松田 松田です。


ハイモジモジ松岡 前回、ようやく商品名を発表できました。


ハイモジモジ松田 「WORKERS’ BOX」です。ワーカーズ・ボックスと読みます。





ハイモジモジ松岡今回は構造を解説してもらっていいですか。


ハイモジモジ松田まだ試作で、あんまりきれいなやつじゃないけどね。


ハイモジモジ松岡ま、基本的なしくみは同じってことで、みなさん今回はお目こぼしを。


ハイモジモジ松田まずこのファイルというかボックスですが、中に書類を入れられます。


ハイモジモジ松岡それは知ってる(笑)





ハイモジモジ松田書類といっても、たとえばわたしの仕事の場合は「ラフスケッチ」とか「企画書」とか「見積書」なんかがあって、それらをプロジェクトごとにまとめられます。


ハイモジモジ松岡 ひとつのプロジェクトに関するものは一切合切まとめちゃおう、と。


ハイモジモジ松田そうです。だから中は仕切りも何もなくて、ただ入れるだけ。超シンプル。





ハイモジモジ松岡書類を細かく分類するんじゃなくて、がさーっと入れられるわけね。


ハイモジモジ松田そう、わたしは分類したいわけじゃなくて。関連するものを一か所に放り込んでおきたいの。なにも考えずにね。


ハイモジモジ松岡それだけ聞いたら、ほかの箱でも代用できそうだけど?


ハイモジモジ松田フタがあったら開くのがいちいち面倒じゃない? これはね、雑誌みたいに開くの。


ハイモジモジ松岡 右開きでね。





ハイモジモジ松田たとえばあるプロジェクトの打ち合わせがあるとするでしょ。そのときにこのボックスだけを手に持って、パッと一回開くだけで、中身がぜんぶそろってる状態になるの。


ハイモジモジ松岡 おお、なるほど。


ハイモジモジ松田普通は必要な書類を箱やファイルから選んで取り出して、それを机に広げて、また戻すってなるでしょ。それじゃアクションが多いじゃない。わたしは一回で済ませたいんだよね。


ハイモジモジ松岡開いたらそこがテーブルになる、みたいな。


ハイモジモジ松田そう! 使うときは開く、使わないときは閉じる。ほんとそれだけ。





ハイモジモジ松岡シンプルでいいなあ。サイズはA4?


ハイモジモジ松田 うん、仕事で使う書類はA4サイズが多いから、A4がゆったり入るようになってる。クリアファイルに入れたままでもオッケーだよ。サイズがギリギリすぎると神経を使いそうだから、雑に放り込めるような感じで。もちろんA4より小さいサイズも、ざくざく入れておける。


ハイモジモジ松岡あ、広げた状態ならA3も入るね。


ハイモジモジ松田 うん。たまにA3の資料もあるし、デザインの出力サンプルはA3が多いしね。わたしは印刷物を実寸で確認する派だから、このくらいがベスト。箱に2cmほどの厚みがあるから、A3でも折り目をつけずにたためるよ。



(この書類はもともと折り目がついちゃってましたが、折り目をつけずにたためます)



バインダーと名刺入れも



ハイモジモジ松岡この上のところの折り返しはなに?


ハイモジモジ松田 これはね、紙をはさんでおけるバインダーみたいな。書類のなかには何度も参照したい資料とか、つねに確認したいスケジュール表なんかがあるでしょ。そういうのがパッと目に飛び込んでくるようにしたくって、簡単にはさめるようになってるの。





ハイモジモジ松岡あ、けっこう便利かも。


ハイモジモジ松田ね、ボックスの中で探しものをしなくて済むから。もちろんそれ以外の用途で使ってもいいんだけど。経費で落としたいレシートを忘れないようにはさんでおくとか、人によっていろんな使い方ができると思う。


ハイモジモジ松岡自分だったら?


ハイモジモジ松田わたしなら見積書かな。開発している商品の仕様やデザインを検討するなかで、「ところで原価いくらだったっけ」って、いつでも振り返れるようにしておきたいから。


ハイモジモジ松岡下の折り返しも同じ構造か。


ハイモジモジ松田うん、こっちは名刺入れ。製品版では形がちょっと変わるけど。





ハイモジモジ松岡 かゆいところに手が届くね。


ハイモジモジ松田ほら、関わる相手ってプロジェクトごとに異なるでしょ。そういう人たちの名刺がここにまとまってたら、どこにいったか分からない名刺を探さなくて済むし。


ハイモジモジ松岡初めましての相手が多いと、うっかり名前を忘れたりするもんね。いつも使うファイルに一緒に入ってたら、たしかに便利だわ。


ハイモジモジ松田適当に引き出しにしまったら、二度と出てこないからね(笑)。数枚はさめるようになってて、わたし的にはこれで十分。


ハイモジモジ松岡ほんと、ぜんぶをここにまとめておきたいのね。


ハイモジモジ松田 ですです。



(話に夢中のふたりにかまってもらえず、怒り出した猫のニーポン)



この箱ひとつで完結できる



ハイモジモジ松岡で、使わないときやプロジェクトが終わったあとは、そのまま棚にしまっておくと。


ハイモジモジ松田終わったものは他のファイルや箱に移し替える手間もなく、そのまま書庫に並べられる。


ハイモジモジ松岡 プロジェクトのはじめから終わりまで、ずっとこの箱ひとつで完結できるわけか。


ハイモジモジ松田 そう! ちなみに現在進行形のものは、わたしは机の上に並べてる。複数のプロジェクトに関わってると、いま何の仕事をしているか、うっかりすることがあるから。つねに目の届く位置に置いておきたいのね。


ハイモジモジ松岡なるほど。あ、背面にインデックスがあるね。





ハイモジモジ松田ここに「プロジェクト名」と「会社名」「担当者名」、あとプロジェクトが始まった日と終了した日の「日付」を直接書き込めるよ。


ハイモジモジ松岡時系列で並べられて、探すのがラクになるなあ。


ハイモジモジ松田あとクライアントの電話番号や、会社だったら内線番号も書き込んでおくと便利。いちいち中を開かなくて済むから。


ハイモジモジ松岡 お! 底にもインデックスがある。


ハイモジモジ松田 タテでもヨコでも置けるようにしたの。棚の高さがないところにも置けるから、めちゃくちゃ便利だよ。





ハイモジモジ松岡形状が箱であるからこそのアイデアやね。平面だから背面にも底面にも記入スペースが生まれるわけか。なるほど、ニーポン!


ハイモジモジ松田わたしもこの試作をいくつか並べて試してみたんだけど、さっそく机が片づいたからね。書類を探す時間がなくなった。使い方がシンプルだから、整理が苦手なわたしにはぴったり。


ハイモジモジ松岡開いて閉じて、しまうだけ、やもんね。英語で言ったら「OPEN」「CLOSE」「ARCHIVE」


ハイモジモジ松田語呂がいいね。そうです、オープン・クローズ・アーカイブの3拍子がそろったボックスなんです。


ハイモジモジ松岡ポイントをまとめます。







次回「そして片づけが楽しくなった」につづく


【第1回】なぜモノは片づかないのか
【第2回】だからボックスをつくった
【第3回】自分自身が欲しかったから
【第4回】開いて閉じて、しまうだけ
【第5回】なぜ紙製にこだわったのか
【第6回】そして片づけが楽しくなった(了)



WORKERS' BOX

WORKERS' BOXの詳細・ご注文はこちら

tweet


TOPICS




【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS' BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
メンバー限定セールや最新情報をお届け。詳細はこちら