ハイモジモジ松岡

こんにちは、ハイモジモジの松岡です。

このところ「生産性」という言葉をよく耳にしますね。いかに効率よく働くか、そのための労働環境はどうあるべきかといった議論がかまびすしいです。

これを機に、より生産的な活動に時間と労力を割くために簡素化したり省略できるところはないか、役に立つ文房具はないかと探すのも楽しいものです。

ハイモジモジの「WORKERS’BOX」も「誰でも簡単にデスクを片づけられる」と謳っている製品です。書類を仕分けて整理する手間をできるだけ省き、生産的かつ創造的なお仕事に力を注いでもらいたいという思いから開発しました。

めざすは「すべての働く人に」。


WORKERS’BOX
そんな中、ある特定の職業の方からこんなリクエストをいただくようになりました。


「マンガ原稿の保管用にB4サイズを出してほしい」



聞けばマンガの原稿用紙というのはB4サイズが基本なのだそうです。まずはB4で制作し、縮小印刷されたものが雑誌や単行本になるわけですね。

「WORKERS’BOX」は日本のオフィスシーンで一般的なA4サイズの書類が収納できるよう設計されているのですが、プロアマ問わずマンガを制作されるみなさんにとっては「そのサイズでは収まらない」という事態が発生している模様です。

「WORKERS’BOX」の使い方には共感するけれど、その大きさでは使えないのだ、と。

私たちはこの声に、なんとか応えたいと考えています。はじめは「自分たちが欲しいから」ということで開発した製品ですが、基本の理念はそのままに、特定のニーズにも応えられたら、と。


WORKERS’BOX B4

そこで今回、みなさんのリアルな声を聞かせてほしいと思っています。

もしも「WORKERS’BOX」のB4サイズが発売されるとしたら、

・厚みは何cm欲しいですか?

・紙を数枚はさんでおける簡易バインダーは必要ですか?

・名刺や領収書をはさんでおけるポケットは必要ですか?


簡単なアンケートフォームを用意しましたので、ぜひご意見を聞かせてください。


ご回答はこちらから



Twitterで先行して質問を投げかけたところ、すでに貴重なご意見が集まっています。

厚みは何cm欲しいですか?

紙を数枚はさんでおける簡易バインダーは必要ですか?

名刺や領収書をはさんでおけるポケットは必要ですか?

また、自由記述のリクエスト欄でも、現時点でこんなご意見が集まってますよ。


スクリーントーンを何種類か収納したい
ハーレクイン一作(125P)の原稿の厚さが4.5㎝でした。単行本1冊分だと5㎝以上は欲しいです。それとは別に1話分40P位のが欲しいです。
原稿が汚れないように、二重フタというか、原稿を入れる方にフラップが付いていると嬉しいです。フラップにペタペタメモも貼れるので便利かと。
出来ればペンホルダー?的なペンが1、2本入れれる何かがあれば有難いです
外側にタイトルを付けられる(100均のクリアファイルのフォルダの様な)物があると外見で何を入れたか判別できると思います
ペンを一本収納できるといいなぁ。
紙が湿気にくいなにかの仕掛けがあると、とても嬉しいです。
漫画というより水彩画とかアナログでA4サイズに入らない原画を保管しておく用に使いたいです。A4のworkersboxは資料整理で使わせていただいています! とても助かっています。
ワークショップで使った模造紙を折りたたんで保管したいです。それから、子どもたちが持ち帰る学校からのプリントがサイズバラバラでB4サイズが出来上がれば使いたいです。


なるほど、お子さんのプリント整理にも良さそうですね。B4サイズはマンガ原稿の保管にとどまらず、「WORKERS'BOX」の可能性を広げてくれそうです。

みなさんのご意見を参考にしながら、じっくり前向きに製品化を検討していきますので、ぜひご回答くださいね。もちろん匿名でOKですよ。



ご回答はこちらから




2018.05.08 by Ataushi Matsuoka

WORKERS'BOX

WORKERS'BOXの詳細はこちら

tweet


TOPICS








WORKERS'BOX MINI

【徹底討論】なぜ名刺は片づかないのか

積み残されていたのは「名刺のお片づけ」という問題。名刺整理について抱えていた悩みを、ふたりで徹底的に話し合いました。
紙博に出店します

紙博 in 京都 7.14-15

紙モノがずらりと勢ぞろいする一大イベント「紙博」にハイモジモジが出店します。「WORKERS'BOX」や新商品「MINI」を並べてお待ちしています。
【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

【徹底討論】なぜモノは片づかないのか

モノって、なぜ散らかるんでしょうね。デスクが片づくファイルボックス「WORKERS'BOX」が生み出された背景を語り合いました。全6回の連載です。
メンバー限定セールや最新情報をお届け。詳細はこちら